クマの種類と消す方法

クマには青クマ、黒クマ、茶クマの3種類あります。この3つは色で判断するのですが素人で簡単には見分けにくく、原因も消す方法も変わってきます。まずはクマの種類を見分ける方法からお伝えしていきます。

●青クマ
目元の皮膚、目の下の皮膚を押さえて下へ引っ張ってみてクマが消えるなら、そのクマの種類は青クマです。青クマを消すには血流を良くする必要があります。

●茶クマ
青クマと同じようにして目の下の皮膚を下へ引っ張っても見る角度を変えてもクマが消えない、変化がない場合は茶クマです。茶クマは皮膚に色素沈着が起きているので完治までには時間がかかります。

●黒クマ
黒クマは加齢が原因で目の周りの脂肪がたるんでクマができたもので影クマとも呼ばれています。黒クマを治すためには目元周りの筋肉を鍛えたり、下まぶたのストレッチなどの方法があります。

青クマを消す方法

青クマは文字通り目の下が青黒く見える状態。血流が悪くなり血液中の酸素量が少なくなると血液は青っぽく見えるようになります。血流を良くすることができれば青クマの改善につなげることができます。

青クマを消す一番簡単な方法としてはホットタオルを目に当てたり、ホットアイマスクを使用する方法です。注意点としては毛穴が開いてしまうこと。ホットアイマスクの使用後は肌が乾燥していますので保湿ケアを十分にしてください。

リンパマッサージやストレッチ、入浴などで血流のめぐりを良くするのも青クマには効果的です。リンパマッサージでは目の周りのマッサージを。入浴では全身を湯船の中へ浸かって全身の血の巡りを良くする。ストレッチでは首周りのストレッチを入念に行うようにしてみてください。

茶クマを消す方法

茶クマを消す方法として、まずは自分の洗顔方法を見直してみましょう。泡は洗顔ネットなどを使いきめ細かい泡を作って手と肌の間で転がすようにして洗顔し、手と肌が擦れて摩擦が起きないようにしましょう。アイメイクをしている場合、メイクを落とす時はポイントメイクリムーバーを使い丁寧に落とすようにしてください。

洗顔後は青クマの場合と同じく保湿をしっかりします。美白化粧品を使うようにして、外出時には紫外線対策をして、できれば紫外線に当たらないようにしましょう。美白成分としてはビタミンC誘導体やプラセンタが有効です。

黒クマの消し方

黒クマを消すのに一番の方法が下まぶたのストレッチ。鏡を見ながらゆっくりと片目を閉じてみてください。下まぶたが動いていなければ下まぶたの筋肉が衰えていると見ることができます。下まぶたの筋肉を鍛える方法は軽く下まぶたを抑えて動かすように意識します。一日に5回から10回ほど繰り返すことで下まぶたの筋肉を鍛えることができます。コラーゲン補給できる美容液などを利用するのも良い方法です。

目元のクマは一度できてしまったら元通りに戻すまで相当な時間がかかってしまいます。これまでにご紹介した方法を実践し、日頃から目をいたわって目元のクマができないような生活を送るようにしてください。